提案事例

工場立地法に対する緑化提案
工場を増設したいが緑地面積が足りない

相談内容

C社は、取引先から増産の依頼を受け、敷地内の駐車場とグランド用地を活用し、新商品の生産工場増築を検討していたが、工場立地法上の緑地が不足するという問題を抱えていた。この問題に対して、なにか解決する良い方法がないかと相談を受けた。

提案内容

「壁面緑化」と「屋上緑化」「駐車場緑化」など特殊緑化手法の提案

平地の緑化可能部分はすでに樹木や低木ですべて緑化されている現状であった。また、C社が増築を計画している工場では、建築敷地面積に対し20%の緑地が必要になることが判明したため次のように不足面積に対する確保策を提案。

実施内容

1. 既存工場にある研究棟の外壁周辺に幅1mの植栽帯を設け、壁面に高さ2mの誘引材を取り付け、様々なつる性植物を登らせて鑑賞価値の高い壁面緑化を提案。

2. 工場棟屋上の折半屋根部分に、グランドカバープランツ等を養生したパネルを取り付け軽量でメンテナンスの容易な屋上緑化を提案。

3. 砂利敷きの従業員駐車場を改修し、車室部分に高強度コンクリートで車輪などが乗っても十分な耐久性を確保した芝生の緑地を提案

画像 つる性辱物の壁面緑化

つる性植物の壁面緑化

画像 屋上緑化

屋上緑化

画像 駐車場緑化

駐車場緑化

成果

本工場は、目的の新工場増築に対し工場立地法の緑地要件を満たすことができ、また壁面緑化は植栽帯の緑化と相まって、緑や花の美しい景観となるとともに企業PRにもなった。さらに、屋上緑化が断熱効果を発揮し環境負荷の低減とともに職場環境の改善につながった。

関連するコンテンツ

ページトップ