CRE戦略サポート

  • TOP
  • CRE戦略サポート

不動産に関するお悩みは関電不動産開発にお任せください
貴社のCRE(企業不動産)戦略の立案・実現をサポートします

CRE戦略とは

CRE戦略とは不動産を活用した企業価値向上戦略であり、経営戦略の一部を構成するものです

総合的かつ戦略的に再構築することにより、不動産の潜在的価値を引き出し、企業価値増大の実現を図るための戦略がCRE戦略です

たとえば、こんなことでお悩みではありませんか?

  • 遊休不動産の活用について、どうしたらよいかわからない
  • 設備の老朽化対策や新規出店などに投資するための資金の確保が課題
  • 不動産を所有すべきか賃借すべきか迷っている
  • 不動産について、誰に相談したら良いアドバイスを得られるかわからない
 

これらの課題を解決する手段がCRE(企業不動産)戦略です

CRE戦略の効果

1. コスト削減
業務のアウトソーシング・事業立地の見直し・拠点の統廃合など
2. キャッシュ・イン・フローの増加
非事業用不動産は賃貸に切り替え賃貸収入を得る、オフバランスすることで売却収入を得るなど
3. 経営リスクの細分化・軽減・除去
不動産のオフバランス・業務のアウトソーシングなどで不動産が経営に与えるリスクからの解放
(「不動産固有のリスク」・「新会計制度に伴うリスク」・「市況リスク」など)
4. 顧客サービスの向上
企業不動産の適正配置による利便性・サービス・品質の向上
5. コーポレート・ブランドの確立
著名な不動産所有・オフィスビルに入居するなど
6. 資金調達力アップ
不動産価値の上昇やキャッシュフローの増加による資金調達力アップ
7. 経営の柔軟性・スピードの確保
企業不動産に関する意思決定が容易にかつ的確に行えるような組織の整備など

(出典)CRE研究会 CRE戦略実践のためのガイドライン

CRE戦略サポートのながれ

関電不動産開発は、デベロッパーとしての総合ノウハウを活かし、専門的な見地から貴社が抱えるあらゆる不動産に関する課題を抽出し、それに対するソリューションをワンストップで提供いたします

  • CRE戦略サポートのながれ イメージ1
  • CRE戦略サポートのながれ イメージ2
  • CRE戦略サポートのながれ イメージ3
  • CRE戦略サポートのながれ イメージ4
  • CRE戦略サポートのながれ イメージ5
  • CRE戦略サポートのながれ イメージ6

サービス内容の紹介

CRE戦略推進

フレームワーク構築

①不動産の取得から処分に至るまでの適切な意思決定を行うこと
②意思決定の前提となる不動産に関する情報を社内で集約化・共有化すること
が必要です
そのためには、フレームワーク構築の段階で、不動産戦略の目標、基本方針を策定 し、戦略を推進する組織体制を整ることが重要です

個別不動産分析

不動産は一つ一つ条件が異なり、同じものはありません
それぞれの不動産の状況を把握するために不動産調査(法令関係、権利関係 等)、
マーケット調査 を通じて物件毎のリスク整理を行う必要があります

ポジショニング分析

個別不動産分析の結果を基に、保有している不動産の中で、それぞれの収益性と流動性(売却のしやすさ)を照らし合わせ、今後の活用について検討を行います

プロジェクトマネジメント

保有資産の価値を最大限に生かした最適なアセットタイプの開発提案

開発提案に対する事業スキーム(体制)の構築とプロジェクト参加者のアレンジ
(調整、手配)

プロジェクト関係者の情報共有、意思決定、プロジェクト遂行の管理

設計、建設に関するアドバイスや各種申請業務など、開発建設に対する全般的な支援

アセットマネジメント(AM)

資金調達に関するアレンジ提案

不動産または証券化(信託受益権化)商品のアレンジ提案

オーナーに代わり専門家であるアセットマネージャーが不動産の運用業務全般を助言

プロパティマネジメント(PM)

不動産の安定収益に向けたテナント募集(リーシング)

テナント管理を通じた万全な運営管理(テナント管理)

投資工事、修繕工事の最適化
(建物維持保全業務(コンストラクションマネジメント))

ファシリティマネジメント(FM)

設備管理、警備・保安、清掃管理を一括管理

建物管理を通じた長期的視点による、資産価値の維持・向上への取組

コスト適正化と省エネによる環境対応

不動産ソリューション事業に
関するお問い合わせ

関電不動産開発株式会社 本店
投資開発事業本部 ソリューション部

06-7166-2180

お問い合わせはこちら

ページトップ